家庭用AIロボット「JIBO(ジーボ)」

米マサチューセッツ州ケンブリッジに本拠を置くJIBO inc.。家庭用AIロボット「JIBO(ジーボ)」を開発する今世界が注目するAIロボットのスタートアップ企業です。
開発したのはマサチューセッツ工科大学(MIT)准教授であり、同大のパーソナルロボット研究グループの設立者であり、ロボット研究の世界的権威であるシンシア・ブリジール氏です。
家庭用AIロボット「JIBO(ジーボ)」は、ロボットといっても、円筒形の筐体に半球を取り付けたような外観を持ち、手足はなく、据え置き型で、いたってシンプルな見た目です。
2カ所の関節がクルクルと回るユニークな動作を生み出すのが面白く、カワイらしいです。
デザインは米ピクサーのアニメ映画「Wall-E(ウォーリー)」に登場する「Eve(イヴ)」がモチーフになっています。
6つの特長
見る:二つの高解像度カメラが顔を認識し、追跡。写真撮影や、臨場感あふれるビデオ通話が可能です。
学ぶ:人工知能アルゴリズムがあなたのライフスタイルやあなたの好みを学習します。
対話:ハンズフリーのリマインダやメッセージは絶対に忘れることがありませんし、常に連絡を取ることができます。
聞く:360°全方位マイクと自然言語処理で、部屋のどこからでもJIBO(ジーボ)と対話できます。
手伝う:JIBOはパーソナルなアシスタントのように、積極的にあなたを手伝ってくれます。日常的なタスクがより簡単になります。
繋がる:自然に、社会的に、感情的な手がかりを使用して、交流表現するので、お互いが良く理解できます。
搭載される機能は「スキル」としてインストールされ、「顔認識」「写真撮影」「物語の読み聞かせ」「メッセージやスケジュ
ールの読み上げ」「テレビ電話」の5つがデフォルトとして用意される他、開発版ではSDKの公開によりスキルの開発が可能になっています。
並行輸入による販売です。
種別:クラウドファンディング商品
カテゴリ:据え置き自己学習型人工知能(AI)搭載ロボット
商品名:家庭用AIロボット「JIBO(ジーボ)」
開発製造:米JIBO社 https://www.jibo.com/
並行輸入販売:株式会社ドゥモア
予約受付開始:2016年8月3日
英語版出荷開始予定:2016年10〜12月→2017年9月19日出荷開始とメーカー発表
ロボット「Jibo」いよいよ先行購入者に出荷へ、当初の発表から2年遅れ
https://robotstart.info/2017/09/19/jibo-shipping.html
日本語版出荷開始予定:2017年
仕様
OS:Linux
CPU:ハイエンドのARMベース・モバイル
本体カラー:ホワイト/ブラック
サイズ:高さ約28cm、直径約15cm
重量:約2.72kg
材質:アルミ、ABS樹脂、ガラス
カメラ:2個
360度マイク
フルボディ・タッチセンサ
ムーブメント:フル回転型軸3個
高分解能エンコーダ
フィードバック制御
ディスプレイ:高細液晶タッチスクリーン
サウンド:プレミアムスピーカー2個
照明:フルスペクトル周囲LED
電源:ACアダプター&バッテリー
接続:無線LAN、Bluetooth
保証:90日保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償。)
販売価格
178,000円(内税)
カラー
言語
購入数